Addictive Drums Custom

Tonal Balance Bundleを導入した際、最高峰とされるドラム音源「Superior Drummer」を導入するまでの一時的なツールとして、Addictive Drumsというクリエイターの間で人気のドラム音源を導入しました。

このドラム音源は、初めから「かっこいい音」で鳴ってくれるのと、そのPCに掛かる負荷の軽さから、ボーカロイドやアニメソングなど多方面の音楽クリエイターからも支持されている音源です。

全てのエフェクトを切った状態で、自分で音をエディットして使っても十分に元の音が良いです。

今回購入したCustomは、自分の好きなドラムキット (ADpak)、ドラムパターンのセット (MIDIpak)、ドラムの各パーツのセット (Kitpiece pak)が3つずつ選べるタイプです。

私のチョイスは、

ADpak

  • Studio Pop
  • Studio Rock
  • United Pop

MIDIpak

  • Modern Soul & R&B
  • American Rock
  • Rock Songs

Kitpiece pak

  • Ludwig Vistalite Bass Drum
  • Ludwig Supraphonic 402 Snare
  • Sonor Designer Snare

です。

Studio Pop、Studio Rockは、Addictiveを持っている人なら殆どが持っており、使ったことがあるであろうドラムキットです。United Popは、外国のU2、Michael Jacksonなどの著名な音楽アーティストがかつて使用したスタジオで収録された、ポップミュージックのためのドラムキットです。

定番だという理由で、Studio PopとStudio Rockは最初から決めていましたが、United Popを選ぶに至るまでは、結構悩みました。

United Popに最終的に辿り着いたのは、エフェクトを切った音を聞いた時に、自分でエディットしたらさらに化けそうだという期待と、U2、Michael Jacksonと言った、私もCDを持っているような世界を代表するミュージシャンが使用したスタジオでドラムキットが収録されたという点でしょうか…

現在、過去に制作した曲のドラムを一時的に差し替えてますが、使用頻度的にはUnited PopとStudio Popが同率くらいで高いです。キックとスネアは曲に合わせて、オケで埋もれにくいパーツに差し替えています。

ちなみに私が今後買う予定であるSuperior Drummerですが、価格は4万近いですが、高品質な音が簡単に出て、エディットも、(音単体で見ると優秀な)BFDほど難しい事をしなくて良いという、プロの間でもよく使われる音源です。

HR/HM系の音楽をやっている人でも使っているのをよく聞きます。ですが、(聞く限りだと)結構オールジャンルに対応している音だと思っています。

ネットで比較動画などが上がっているので、自身の耳で聴き比べて見るのも良いと思いますが、Addictive Drumsと比較すると、Superior Drummerはその音の良さ、細かい音の表現力が全くと言えるほど違います。

幅広い曲調の音楽を作るようになってから、ドラムパターンの引き出しも増え、シンプルなドラムパターンならシンプルなパターンで良いと思っていますが、細かい表現技法が含まれたドラムパターンが入ってくると、細かく再現してくれるようなドラム音源でないと、少々限界を感じつつあります。

今回のAddictive Drumsは、あくまで仮に導入しているだけですが、Superiorを導入した後もお世話になることがあるかと思います。

軽さはAddictiveの方が上なので、使い分けをしていこうと思っています。

今回、中間報告のために公開したStarting Over 〜2020〜では、ドラム音源をAddictive Drumsに差し替えました。

ドラム音源のリバーブはオフにして、別のAUXトラックに流してリバーブを掛けていたのですが、何故か音源自体から残響を発していて、それが気に入らなかった所もありましたが、それはExpanderを使って緩やかに音を減衰させて残響がなるべく残らないようにしました。そのせいか、ドラムの音のキレが良いです。

リバーブ以外は何も手を付けていないので、プリセット通りの音がしてます。

でも一応、全て同じと言う訳には行かないなとは思ったので、キック、スネア、タムは、オケを流しながら合う音に差し替えました。

About tasshy

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です